忍者ブログ
当ブログはサイト『FunFunのしっぽ』のDIARYコンテンツです。サイトへのご意見ご感想もお待ちしております。
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はサークル・イルガルテンのスタッフでやっているキャンペーンに
お邪魔させていただきました。 後編です。

▼今回のメンバー
GM:でんどろびうむさん
PC1:パイクさん(魔剣使い、高校生17歳、男)
PC2:星住さん(人狼、フリーター21歳、男)
PC3:物さん(人間、漢方医25歳、男)
PC4:Amane(鬼娘、中学生14歳(208歳)、女)


それぞれのスピリチュアルアンカー(SA)は以下の通り。

PC1:白鷺市を守る
PC2:白鷺市を守る
PC3:白鷺市を守る
PC4:カギを解く

さて、前回もめていたPC2ですが、SA的にも人狼組織の方針とあってないので、
なんとかリーダーを説得して、鬼の味方をする方向で今回は行くことになりました。
ということで、白鷺市の町に戻って鬼のコミニュティーの動きを探ることになりました。

ただ、人狼組織のゴタゴタ自体は棚上げ状態ですw

PC1は彼女と屋上でお弁当を食べてました。
今回の騒動からは、かなり遠いところにいますね・・・。 

おのれリア充。 死ねばいいのに・・・。(´-`)

そこで、鬼娘の居る神社に珠刀が封印されているという
情報を偶然彼女が落としたメモから知ることになります。

この彼女、ただ者では無いように感じるのは、気のせいでしょうか?(´-`)


PC3の漢方医は、天羅ドミニオンから来たという鬼のおっさんガライを助けました。
しかし、やっかいごとはゴメンだとガライを家から追い出していました。
見事なツンデレっぷりです!


PC2が鬼を調べに行く途中、この鬼のガライに遭遇します。
ガライはPC3の漢方医に恩義を感じて漢方薬になる薬草を探してる模様。律儀なヤツである。
事情を聞いたPC2は、GNIに狙われた鬼(素性がばれてる)が町をうろつくのは危険だからと
身を隠すようにいって、鬼のコミュがある神社(鬼娘の家)に行くことにします。

で、その鬼のコミュニティせすが、PC4の鬼娘を筆頭に36名を引き連れて、GNI会社ビルを
破壊しに行こうと計画しています。

しかし、占いで日が悪いとNPCに止められて、明後日に延期。
便利な占い師であるwww


さて、PC1の魔剣高校生は彼女と一緒に、封印された刀を調べにデート感覚で神社を訪れます。
なんでも源義経が鬼退治に使ったという珠刀が封印されてるらしく、魔剣の性で刀には興味があるらしい。
死ねばいいのに・・・。(´-`)

その頃、神社では明日のGNI襲撃の決起集会だーと、鬼の宴会が始まりつつあります。
PC2の連れてきたガライと差し入れの酒も加わって、宴会が始まります。


この時点で他のPCとの絆が何一つ無いPC4の鬼娘。
やってきたPC1の魔剣とは古いなじみという設定にして無理矢理会話を進めることにしました。

話を聞くと、封印されている珠刀の性能は鬼を殺すために特化した刀だと判明。
さらに封印を解く鍵は、PC4鬼娘のもってるカギだと言う事もわかります。

ふむ、この封印を解くのが今回のSAの目的のようです。
しかし、どう考えても鬼からすれば、そんな刀の封印を解く訳にはいきませんので、
ちょっと見てみたい程度の理由での開封は断固お断りします。

この時点で、今回のラスボスは奈落落ちした鬼で、同胞を涙ながらに斬り殺す!
というシナリオかな?とメタな考えを巡らせます。



さて、鬼の宴会ですが、どうやら人数が少ないようです。
そこへ1人の鬼が駆けつけ、鬼の仲間が3人ほどGNIに殺されてしまった!と報告します。
激高した鬼娘は、宴会を切り上げてGNIに突撃をかける事にします。

それを、必死に止めるガライを殴り飛ばし(絆判定失敗)で突撃しようとしますが、
PC2が高級日本酒の酒樽を持ってきて、宴会を再開させいったん納めます。


その間に、PC2とPC3がGNIの研究所に探りを入れに行きます。
鬼の用事を他人任せにはできないと、PC3に恩義のあるガライに手伝うように命令します。

ガライ「携帯電話が操作できなくて連絡できないであります!」(`・ω・´)キリッ
鬼娘「この役立たずが!!」

ということで、仕方無く鬼娘が後を追います。



GNIにコネのあるPC3が研究所に入ると、GNIの幹部がやってきて武力で
一方的な交渉に入ります。

交渉の内容は『GNIの新兵器の性能テストに協力すること』です。
新兵器の「ヨロイ」というロボットと戦闘を行い勝てたら鬼狩りを止めてやる。
という、条件をのむには理不尽な内容です。
とはいえ、突然現れた忍者軍団(なぜ忍者?)に囲まれた状況では、
条件をのむしかありません。 

PC2とPC3がGNIの研究所から出てきたところに、鬼娘が待ち構え、
GNIに内通していたら、ただではおかないと念を押しその場を立ち去ります。


一方その頃――


彼女を家に送ったPC1は妙な胸騒ぎがして、神社に戻ります。
すると、森を走り去る忍者軍団と神社の境内から飛び立つ大荷物をつり下げたヘリを目撃します。
怪しいと思ったPC1は刀を投げてワイヤーを切り、荷物とヘリを落とします。

落ちた荷物は、殺された鬼の死体でした。
そして、境内に行くと神社にいた鬼達が全滅しています。

その時、忍者3人がPC1に襲いかかりますが、PC1はあっさり殲滅します。
リア充高校生、意外と強いようです。  死ねばいいのに・・・。(´-`)

てっきり、件の新兵器のヨロイが襲ってきたとおもったんですがね。
というか、鬼30名ちかくを瞬殺とか忍者強すぎじゃなイカ?


神社に戻った鬼娘は、鬼の仲間が全滅してるのをみて完全にキレてしまいます。
PC1に鬼達の亡骸を任せて、金棒担いで単身GNIビルに突撃します。
a5f0286f.jpg

























鬼娘突撃モード


GNIビルで、豪快に破壊と殺戮を繰り返す鬼娘。
出動した自衛隊にも臆さず、大暴れ状態です。


その頃、PC2とPC3はGNIの新兵器(ヨロイ)との決戦に向かいます。
決戦場所は、採石場跡でGNIビルからはかなり離れた場所です。

とりあえず情報収集でヨロイの性能を調べます。
すると確かに強いのですが、無茶な相手ではなさそうです。

ここで、PC3の物さんがメタ発言。

物さん「封印された珠刀ないと、あのヨロイに勝てないんじゃネーの?」
GM「いえいえ、データ通りなんで、キレた鬼娘なら2発で沈むんじゃないかなーw」


おいおいGM wwwww

てことで、ヨロイとの決戦ですが、人間アーキのPC3が接敵する前に、
PC2の人狼が高速移動でヨロイを2撃で瞬殺してしまいます。

人狼つぇぇぇ!!?? (゚Д゚)

いや、ヨロイが弱すぎるのか!? (;´Д`)


ヨロイとの決戦が終わった頃、血まみれの鬼娘が瓦礫の山になったGNIビルで
血の涙を流していました。

GNIビルを襲撃した際に、豪快に奈落落ちしてると思われます。

さて、神社で鬼の死体と珠刀を守っていたPC1の所へ戻った鬼娘は、
PC1にお礼を言うと、鬼の亡骸を葬って、全国にあるGNIを全滅させる為、
1人旅立ちます。


エピローグ――


今回の事件で、白鷺市からは鬼とGNIビルが姿を消しました。

PC1は相変わらず彼女をもてあまし気味のリア充です。
PC2は人狼組織の今後に、頭を悩ませていますw
PC3は相変わらず、漢方医として薬局で薬を売っています。



白鷺市は今日も、かりそめの平和が続いています。


+ + + + + + + + + +
なんとなく、綺麗に終わったように書きましたが、なかなかに消化不良ですw

まず、PC4鬼娘のスピリチュアルアンカー(SA)です。
《カギを開ける》という事ですが、完全に失敗しました。

今回、カギを開けたくても開けられなかった、とかいうレベルではありません。
カギを開ける理由が何一つ見あたりません。

何せ、鬼を殺すことに特化した刀という存在が、敵に鬼が出ない限り、
まったく使えないどころか、絶対敵に渡してはいけない、PC側にとっては
マイナス要素でしかないアイテムだからです。

正直、このアイテムがなぜ存在していたのか、全く解りません。
(;´Д`)


次に天羅から来た鬼、ガライさん。
鳴り物入りで、オープニングフェイズから出てきた主要NPCです。

天羅から来たので、今回登場した天羅アイテムのヨロイと珠刀について、
何かしらの情報を出す立場かと思っていましたが、ヨロイの情報も珠刀の情報も、
PC1が調べて出てきました。

しかも、ヨロイの名前が初登場した時には、すでに忍者軍団に他のモブに混じって
殺されている始末です。
死ぬ間際にヨロイの弱点とか何かしら情報を残して死ぬとかいう、かっこいい演出も
期待してましたが、鬼娘が鬼達の殺された現場にたどり着いたときには、鬼の死体
という役に徹していましたw

町の平和を願ってる人の良いオッサンという印象しかありません。
結局、天羅から来た鬼とは何だったのか・・・?
(´・ω・`)


次にGNIの目的(ヨロイ)と戦力。

鬼狩りをして、ヨロイを作っていたというのは、天羅を知っているので解ります。
PCにはまったく見えてきませんでしたが・・・。

ということは、本来なら鬼娘がこのヨロイと戦うのがスジかとおもいます。

しかし、今回、鬼娘にはヨロイの存在は一切伝わりませんでした。
ですので、鬼がなぜ殺されたのか?という謎はわからないまま奈落落ちです。

また、そのヨロイが弱すぎて、全然驚異になってませんw

まぁ、PCが強くてあっさりやられるというのは、よくあることですが、
鬼の犠牲の上に作られたという悲壮感が表現されていないので
ただの中ボスくらいの印象です。

あと最大の問題は、GNI所属の忍者軍団という戦力です。

戦車や兵器を使わずに、鬼30名近くを瞬殺してるという驚異的な戦力です。
しかも、GNIの研究所にもたくさん出てきていましたので、どれだけの規模なのかと。

ぶっちゃけ、ヨロイなんかより、こっちの方がよっぽど驚異です。
しかも、GNIの拠点やヨロイは壊したとはいえ、鬼を殺し回った忍者軍団は倒してないわけです。

鬼達を殺したのがヨロイだったら、ヨロイという驚異を表現できた上にすっきりと
決着もつけられた気もしますが、なぜ忍者軍団だったのだろうかと、疑問が残ります。


セッション事態は、ほっしーには悪いですが、かなり笑えたので楽しかったのですが、
TRPGとしては、消化不良な感じでしたね。
(*´ワ`)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この流れは・・・
落ちが見えない。
と言うことは、次の日記は完結編ですね!
mono 2010/11/01(Mon) 編集
Re:この流れは・・・
>落ちが見えない。
>と言うことは、次の日記は完結編ですね!

イヤイヤ、申し訳ない。
仮保存しておいた日記が、手違いで投稿されてしまってたよ。><
 【2010/11/03】
おつかれさまでした
迷走という感じの強いセッションでしたが、ともかくお疲れさまでした。

ヒロインは土地の名士の娘で家は古くからの伝承が多く残っているようです。
衝動に負けてあと少しで殴り倒すところでしたが。
Pike 2010/11/03(Wed) 編集
Re:おつかれさまでした
>迷走という感じの強いセッションでしたが、ともかくお疲れさまでした。

お疲れ様でした。
確かに迷走してましたね。

ただ、やりとりが面白くてかなり笑わせてもらいましたが。


>ヒロインは土地の名士の娘で家は古くからの伝承が多く残っているようです。
>衝動に負けてあと少しで殴り倒すところでしたが。

リプレイの音声聞き直すとそうだったみたいですね。
しかし、パイクさんは彼女にも容赦しませんなw
(゚Д゚)
 【2010/11/04】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
FunFunのしっぽ
最新コメント
[09/27 永井伝導郎]
[09/19 ひろし]
[09/18 律]
[02/15 永井伝導郎]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Amane
HP:
性別:
非公開
趣味:
お絵描き
自己紹介:
お絵描きとTRPG大好きなのです。
気軽にコメントしていってね♪(*´ワ`)ノ
Powered by ニンジャブログ
Designed by 穂高
Copyright © FunFunダイアリー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]