忍者ブログ
当ブログはサイト『FunFunのしっぽ』のDIARYコンテンツです。サイトへのご意見ご感想もお待ちしております。
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨晩、遅くまで詰めてHP更新させて寝たので、
起きたのはもう日が落ちて、ずいぶんと経った時間だった。
冷房の切れた部屋は蒸し暑く、寝汗がベタつく‥‥。
意識が覚醒すると、暑さで寝苦しくなり無理矢理起きる。

冷房のスイッチをいれて、汗を流しにシャワーを浴びる。
部屋に戻ると冷たい風に体が冷やされ心地よい。

夕飯を食べようと、冷蔵庫を開けるも何も入っていない。
横のインスタントラーメンが目に入るも、そんな気分でもない。
仕方なく、カギと財布を持って、近くの定食屋に向かう。
部屋を出ると、蒸し暑い空気が肌を覆う。
夜だというのに、うだるように暑い。

自転車にまたがり、しばらく走ると、車の音以外にドーンという音が耳に入った。
近くの音ではない、かなり遠くから聞こえる音だ。
数秒おきに聞こえてくる音、少ししてその正体が見えた。
ビルの隙間から見える夜空に、チラチラと光の粒が飛び散っている。

花火だ。

花火大会などここ十数年いっていない。
もともと、人混みがあまり好きではないので、見に行こうとも思わなかった。
ただ、ビルの隙間から、ほんのわずかに見えるその花火の残骸に心惹かれ、
音のする方向へと、ハンドルを向けた。

5~6分ほど漕ぐと、音もずいぶんと近くに感じるように成ったが、
未だ、ビルが目の前に立ちふさがる。
近くに大きめの橋が有ったのを思い出し、そこへ向かう。
橋の欄干の中央には、人だかりが出来ていた。 考える事は皆同じか‥‥。

橋の欄干から、花火会場まではまだまだ距離はあったものの、
河にはビルがないので、花火はしっかりと見えた。
花火が夜空を飾ると、数秒遅れてドーンという音が耳に入る。

花火を生でみるのは、本当に久しぶりだったので、懐かしく昔を思い出した。

子供の頃、親につれられて花火を見にいった。
会場までの道には出店が並び、子供の私は、その全てに興味がわき、
覗いては立ち止まりしていたので、良く迷子になった。
子供は背が低いので人混みでは前が見えない、それが言いしれぬ不安となって
私の人混み嫌いのトラウマになっている。

十数年、行っていないといったが、私は花火は嫌いじゃない。むしろ大好きだ。
子供の私にとって、何よりも高くあがり真上で炸裂する花火は、大人も子供も
関係なく、平等に見ることが出来たし、何より考えなくて良かった。
映画やドラマ、演劇などは見る物に知識と理解を求める代物だし、大人が勧める物は
決まって子供には難しかった。
しかし、花火は平等に感じることが出来た。

頭上に炸裂し、耳ではなく全身にド-ン!という音が打ち付け、
視界範囲いっぱいに、光の粒が広がり色を変え、夜空を飾る。
凄い!綺麗!ただそれだけの感動。
特にラストの連発花火は、その光と音と美の空間に吸い込まれて、
現実から切り離されてしまうような感覚にさせてくれた。


しばらく自転車に跨ったまま、遠くの花火を眺めていたが、ふと気が付くと
後ろから来た人に囲まれ身動きがとれなくなっていた。
夕食を食べに出たことを思い出し、人混みをかき分けて、来た道を戻る。
定食屋に着くと、メニューを見回して、結局いつもの物を頼む。

部屋に帰ると、付けっぱなしの冷房にかなり冷やされていた。
少し寒いくらいだったので、軽く窓を開ける。
むわっとした、蒸し暑い空気が部屋に流れ込んでくる。
そして、その暑さとともに車の音に紛れてドーンという、かすかな音が聞こえた。

ここからも、聞こえるんだ‥‥。

しばらくの間、そのまま窓は開けて置いた。
蒸し暑さも、どこか懐かしく心地よい。

夏だな‥‥。と思った。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
FunFunのしっぽ
最新コメント
[09/27 永井伝導郎]
[09/19 ひろし]
[09/18 律]
[02/15 永井伝導郎]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Amane
HP:
性別:
非公開
趣味:
お絵描き
自己紹介:
お絵描きとTRPG大好きなのです。
気軽にコメントしていってね♪(*´ワ`)ノ
Powered by ニンジャブログ
Designed by 穂高
Copyright © FunFunダイアリー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]