忍者ブログ
当ブログはサイト『FunFunのしっぽ』のDIARYコンテンツです。サイトへのご意見ご感想もお待ちしております。
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またしても「ゲド戦記」です。

過去のコラムで批評を書いていました「ジブリのゲド戦記」を
原作者の「ル=グイン」さんに観せに行った様です。

下記アドレスの監督日記に書いてあります。
http://www.ghibli.jp/ged_02/20director/000854.html

さて、そこでル=グインさんから、個人的に感想を頂いたらしいのですが、
その言葉を、あたかも誉められたかのように公式に発表した為に
ル=グインさんが「あの言葉は自分の本心を全て語った言葉ではない」と
反論のメッセージを掲載されたようです。

下記サイトに、その全文と日本語訳が書いてあります。
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

下記ブログでも紹介されています。(こっちが読みやすい)
http://cinemajunkie.blog52.fc2.com/blog-entry-207.html


なんと言いますか、この原作者のコメントが発表された時点で、世界中のファンは
公開前に落胆したでしょうね‥‥。
なぜなら、それなりの作品に仕上がっているのなら
ココまで批判的なコメントを原作者が書くことはありえない
はずですから‥‥。

だってそうでしょ? 映画が売れれば原作者もお金が入ってウハウハなんですから。
わざわざ、評価を下げるようなコメントを発表するのはデメリットでしかないはずです。

しかも、映画化の承諾を得る契約時に下記のやり取りが有ったようですが
完全に原作者を騙していますよね?

「駿監督は歳でもう引退する、だから息子と若いスタッフに
仕事を託したい、しかしシナリオのチェックは駿監督が必ず行う。」


これを了承したル=グインさんは契約書にサイン。

しかし、駿監督は引退せず、次回作に取り組んでいる。
しかもゲド戦記のシナリオのチェックを行わなかった。

※↑喧嘩したにしろ言葉に責任は持って欲しい物です。(過去コラム参照)

ル=グインさんの、文章には上記の事実(詐欺)に対する憤りが語られています。

公式に原作者がこんな批判的コメントを発表した以上、ジブリは駿監督も含めて、
ル=グインさんに頭を下げるべきでは? と凄く思いました。

そして、原作者をここまで落胆させる物を作ってしまった事を考えるべきです。
ル=グインさんも仰ってますが、40年も出版され続けて世界中にファンがいる
ゲド戦記を作るのなら、原作にもっと忠実で有るべきだと。


私は、このル=グインさんのコメントを見て、この人は本当に自分の作品を愛していて
その作品を読んでくれる読者のことを考えてくれているのだと思いました。
日本語訳された文章からも、原作者のその人柄と誠実さは伝わってきますね。
小説や物語などの人間ドラマって、原作者の人柄の影響が大きい気がします。

そして、その愛すべき作品を解ってくれる人が映像化してくれないジレンマ。
なんと言いますか、ル=グインさんって、不幸な人ですね‥‥。


あと吾朗さんは、もっと人間を磨きましょう。幼稚すぎます。
駿監督のコメントの時もそうでしたが、お世辞や建前という言葉を知って
自信満々な考えで、本質を見失うのは辞めて欲しいですね。
原作者から、この様なコメントが公式に発表されるくらい、貴方の行動は
利己的で身勝手なのですから。


さて、原作者の評価も出たところで、この作品を本当に世界配給するのか?
という部分を考えさせられましたね。 国内だけので止めて欲しい物です。


PS:ル=グインさんも、菅原文太さんの声とテルーの歌声だけは誉めてましたね。
 私も文太さんの声は、千と千尋の釜爺の時から好きでした。
 トラック野郎も好きでしたw(爆

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
リンクありがとうございます~そしてこちらからも貼らせていただきましたのでご報告まで!

物事を続けるのって、しんどい時も多いですよね。自分のためと思っても、やっぱ他人の反応気にしちゃいますしね(^^;
まあそれでもライフワークと思って音楽やってるけど‥‥‥50、出来れば60歳くらいまで作曲したいな~という私の人生計画。


‥‥ゲド戦記について何か軽くコメントでも書こうとしたけど、何書いても宮崎息子監督への嫌味に見えるので、消しました(--;
一色ゆい 2006/08/19(Sat) 編集
コメントありり(^^
コメントありがとでっす。

リンクの確認了解しました。
こちらからも、確認させてもらいます~。

ゲドはねぇ‥‥、息子監督だけの所為とは言わないけど
それでも、ちょっとね‥‥。
嫌味しか出ないというか、フォローも出来ない感じ。
なにせ、本人の発言とかが痛すぎます‥‥。
(―_―;)
Amane 2006/08/19(Sat) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ゲド戦記(25点)評価:×
総論:経験不足で"やりたいこと"が表現できていない人界に現れてはいけない龍の出現は、世界の均衡が崩れる兆し。人の心は闇に染まり、人狩りが横行していた。心の闇に飲まれ、国王で...
URL 2010/10/16(Sat)14:49:56
FunFunのしっぽ
最新コメント
[09/27 永井伝導郎]
[09/19 ひろし]
[09/18 律]
[02/15 永井伝導郎]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Amane
HP:
性別:
非公開
趣味:
お絵描き
自己紹介:
お絵描きとTRPG大好きなのです。
気軽にコメントしていってね♪(*´ワ`)ノ
Powered by ニンジャブログ
Designed by 穂高
Copyright © FunFunダイアリー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]