忍者ブログ
当ブログはサイト『FunFunのしっぽ』のDIARYコンテンツです。サイトへのご意見ご感想もお待ちしております。
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネクロニカで遊ぼうの2回目。
同じシナリオを面子を変えて遊んでみました。

■2回目-----------------------------------------------
    ・ドール1:LEONさん
    ・ドール2:パイクさん
    ・ドール3:宗蔵さん
    ・ドール4:竜樹さん
-------------------------------------------------------

1回目はネクロニカを好みそうな面子で固めてましたが、
この2回目はネクロニカをやらなそうな面子でやってみてます。

宗蔵さんが、同じシナリオで2回連続参加してますが、
シナリオのネタ知った状態で、宗蔵スイッチ入ると、
えらいことになりそうな気もしますが……。
(´-`)

以降は続きで-↓

+ + + + + + + + + +
まずは各キャラクター紹介↓

▼ドール1:LEONさん
fbc3faac.jpg





















▼ドール2:パイクさん
1c3a7c1a.jpg






















▼ドール3:宗蔵さん
b221c67b.jpg






















▼ドール4:竜樹さん
aca51bfe.jpg




















といった面子でシナリオスタート。

ノンノさんがやったメインヒロインポジションに、LEONさんが
ホリックで参戦ってだけでも、かなりのギャップですが、
宗蔵さん好みの過去設定であるドール4を竜樹さんがやるという、
最も対極にいるPLがスワップしたドール4が最高に笑えますw


そして、案の定というか、みんな個性的過ぎて酷かったw


LEONさんは、落ちてくる陰鬱な記憶のカケラも何のその!

「過去など不要!我が未来は己の力で切り開く!」

という漢女を快演ww


ドール1の死因は「自殺」だったのですが、みんな口をそろえて


こいつ、自殺しそうにねぇなぁ…。(´-`)


という見解になってましたww

なにせ、宗蔵スイッチのはいったドール3にビンタかまして、

「笑えぃ!それが、お前がお前たる所以だ!それ以外は認めん!」

という、強キャラっぷりでアリスとは別の意味で、
PTの心の支えになってましたw

そして最終エンドパートでは、ネクロマンサーへの未練を発狂させて、

「お主の狂気!我が狂気で塗りつぶす!!」

と、ネクロマンサーをベアハッグで絞め殺す豪快な結末w

流石、LEONさんというか……。

NCもネクロニカやってるのか天羅やってるのか、
分かんなくなってましたよw
(゚Д゚)





パイクさんは、キャラ作成時かららしさを発揮!
遠距離からスナイパーライフルで、ちまちま1ダメージずつ
あたえていくという、超絶地味キャラに仕上げてきています。

しかし、流石に地味すぎるというか、攻撃力がなさ過ぎるので
ボクの考えた最強の射撃キャラになる方法をアドバイスw

これで、少しはまともになるかなーと思っていたのですが……



やめときゃよかった…… (;´Д`)



コツをつかんだパイクさんのカスタマイズに、
竜樹さんのアドバイスが加わり、
戦術的にも戦闘能力的にも凶悪なキャラに変貌w


開幕ティロフィナーレで、敵の大集団が瞬殺される


核弾頭キャラになってました!(゚Д゚)



クライマックス戦闘で、
パイクさんの1撃で敵戦力の8割が消し飛んだ
時には笑うしかなかったですねw

『射撃攻撃12+爆発+全体攻撃』とか無理ゲーすぎるw


そして、普段は寡黙キャラになりがちなパイクさんには、対話判定して
狂気を下げるのが、大変かなと思ってましたが……。

そこに、とんでもないアイテムが!!


宝物:子猫(小さなアンデット)


そう、アンデットの子猫をペットとして連れて歩いていたのです!

この猫が、PTのマスコットキャラとして、やたら可愛がられる事に
なったのですが、猫が可愛がられる度に猫のリアクションで

パイクさんが「ニャー」と言う度に、対話判定をする!

という離れ業をやってのけてました!!

なんでしょう、動物キャラで鳴き声だけで場を持ってく
パイクさんの動物キャラに嫌な思い出があるような……

キットキノセイ……('A`)

とはいえ、猫1匹お供に付けるだけで、対話判定に事かかない
という事は、よくわかりましたw




宗蔵さんは、シナリオの中身を知ってるので完全に
狙ったキャラを作ってきてました。

宝物『笑顔』って……

破損させる気マンマンじゃねーか!!(゚Д゚)


しかも、メイン武器が

手榴弾やダイナマイトといった爆発物系!
※ダイナマイトは敵にも自分にもダメージが入る全体攻撃。

あげくに『刹那』のスキルで妨害無効にして、
誰にも邪魔させない様にする徹底ぶり!



やばい、やばいぞ……



こいつ無理心中で爆死する気まんまんだ……。
('A`)



キャラシートみただけで、やばさがビンビン伝わってきます。


ちょ、宗蔵さん……、キャラ作成の段階から、

スイッチ入り過ぎじゃないですかね! (゚Д゚)


そして、セッション中はニコニコと笑顔を崩さない
アリスポジションを快演してたのですが……。

明らかにスイッチの入ったキャラクターすぎて、
周りが敬遠気味でしたwww

そりゃ、誰だって無理心中に巻き込まれて、
一緒に爆死したくはないですよね……。
(´・ω・`)



正直なところ


導火線に火の付いたダイナマイト片手に、
ニコニコ笑ってる様にしか見えなかったっス!
(;´Д`)





竜樹さんは、流石の酷さでしたw

まず、作ったキャラの性能が周りのPLが理解できないで、
もてあましてしまう、運用難易度の高いキャラw


自分は一切武装を持たずに、本を片手に『先読み』を連発する
というキャラなのですが、これが実は洒落にならない。

やっている事は『せぼね』を使って自分の行動コストを貯め、
それを『先読み』で味方のPCにコンバートするだけなのですが…


これを徹底して運用する事によって


他のPCがコスト0で攻撃マニューバを連発する、
疑似無限解体キャラへと変貌してしまいます!


※無限解体:連続して攻撃マニューバを有るだけ叩き込むスキル
        ボス瞬殺スキルと言われる強力な特化スキル。


しかも『無限解体』とちがって、1つの攻撃マニューバを連発出来るので
無限解体よりも強力という、凶悪さですw

ただ、助かったのは、他のPLがこの運用が理解できずに、
本来の性能の半分くらいしか、発揮できなかった事ですかね。

まぁ、それでも凶悪でしたが……。(;´Д`)

なんで、強力な全体攻撃かましたのに、
行動値カウントが殆ど落ちて無いんだよ……。




まぁ、戦闘でのキャラ運用も酷かったのですが、
アドベンチャーパートでのキャラロールの方が、もっと酷かったw


そもそも、ドール4は最も竜樹さんに向いてないポジション!


落ちてくる記憶のカケラ

色恋沙汰、裏切り、女の嫉妬、いじめ、後悔、家族の悲劇

と一番陰湿で感情的な過去設定。


当然、もてあました竜樹PCは、記憶のカケラが落ちてくる度に
半分見なかったことにして、袋にしまい込む始末w


それでも一応、頑張ろうとしていましたが……

決定的だったのが、ドール4の姉がNCの悪意によって、
醜く改造され敵として登場するという衝撃のシーン!

このシーンは見せ場だったので、演出はイラスト2枚も
使って豪勢にやったのですが……。


化け物になった姉のイラストを見せた瞬間の
竜樹PCのリアクション↓




「ね、姉さん!? なんて姿に!!」(ノДT)


『むむ!? あれは破れ皮膜!』(`・ω・´)b

※破れ皮膜:防御+2出来る、強力な防御パーツ





NC:妹の第一声それかよ!?(゚Д゚)



NC:むむ破れ皮膜!じゃねーよ!!ヽ(`Д´)ノ



NC:姉さんどこいったんだよ、姉さんは!(゚Д゚)


流石、宗蔵さんに最も遠い男、竜樹さん。

姉に起きた惨劇より、イラストから戦力分析を始める始末w

キャラのテクスチャ張り忘れるとかいうレベルじゃありません。
中身丸出し状態で突っ走っていますw
(´・ω・`)



さすがに、反省したのか、その後は姉の遺体からパーツを
取り出して、自分の身体の一部にするという、ニクイ演出を
してフォローしてましたが……。


やるなら最初からやれよ!ヽ(`Д´)ノ



もう、シリアスシーンの山場が台無しだよ!


なんで、卓が一番大爆笑したシーンになってんだよ……。
。・゚・(ノД`)・゚・。




という感じで、PLが変わればシナリオも変わるというのを
まざまざと見せつけられましたw

とはいえ、これはこれで楽しめたんですけどねw
“d(⌒∇゚)。


シナリオを作れば、当然、GM側の想定ラインというものがあります。

しかし、それはあくまでGMがPLをやった場合の話ですので、
想定ライン通りというのは、土台無理な話なのです。

そして、想定通りに進んだとしても、それはただなぞっただけで
小説を朗読してるのと同じで、GM側としては意外性がないわけです。

TRPGとしての醍醐味は、PLの数だけシナリオがあり変化すると言う事。
今回は、その醍醐味を十二分に味わえた様な気がします。

セッションに参加してくださったPLの皆様、
楽しい時間をありがとうございました。
ヾ(*´ワ`*)ノ
 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
orz 反省(笑)
ぺたぺた(テクスチャはりはり)

==)b 前半ちょっとリソースがゲームによりすぎてたね!
竜樹 2011/11/11(Fri) 編集
Re:orz 反省(笑)
>ぺたぺた(テクスチャはりはり)
>
>==)b 前半ちょっとリソースがゲームによりすぎてたね!

まぁ、卓が盛りあがっててうなら、うちは問題ないんだけどさw
日記は、ネタになるところ抽出して、面白く書いてるだけで、
実際は、もう少しまともにやってるしね。

LEONさんのロールとか、完全にネタ用に主観で書いてるしw
 【2011/11/12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
FunFunのしっぽ
最新コメント
[09/27 永井伝導郎]
[09/19 ひろし]
[09/18 律]
[02/15 永井伝導郎]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Amane
HP:
性別:
非公開
趣味:
お絵描き
自己紹介:
お絵描きとTRPG大好きなのです。
気軽にコメントしていってね♪(*´ワ`)ノ
Powered by ニンジャブログ
Designed by 穂高
Copyright © FunFunダイアリー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]